地元と共に

育ててくれた街と、生きる。

私達が日々生活をする地域に対する感謝の気持ちを持ち、そして、積極的に貢献する事も今治造船の大切な使命だと考えます。
これからも、地域住民の方々とのふれ合いや交流を深め、様々な地域行事へ参加し、地域の繁栄のため貢献して参ります。

バリシップ ~海事都市今治のさらなる繁栄のために~

2009年5月、西日本で初の海事展、バリシップが当社本社がある愛媛県今治市で開催されました。
世界屈指の船主の集積地であるギリシャではポシドニア、ノルウェーではノルシップと呼ばれる国際海事展がそれぞれ開催されていましが、 同様に世界屈指の船主大国である今治市も、造船、海事業界の振興と、一般の方々への造船、海運の理解を深めてもらうため、このバリシップは開催されました。
バリシップは国内及び世界各国からの海運、造船、舶用機器の会社が最先端の技術をPRする場であるとともに、これからの海運、造船について語り合うシンポジウム、 そして、業界関係者だけではなく、地元の皆さんにも楽しんで頂けるように、今治市にある造船所、舶用メーカーの工場見学会が開催され、 当社今治本社工場も同様に見学会を開催、船内見学会、餅まき大会なども行っており、二年に一回開催されているこのバリシップは回を重ねる毎に盛り上がりを増しています。

おんまく祭 ~地元の方たちとの交流のために~

今治市で毎年開催されている、おんまく祭に当社社員、グループ会社社員が毎年参加しています。
おんまく祭では、昼の部に行われる「ダンスバリ」と夜の部に行われる「木山・お祭り音頭」に毎年、当社から総勢約200名が参加しており、おんまく祭のこのイベントに合わせて、就業後は各工場で踊りの練習を行い、毎年夏の恒例行事となっています。
このような地元開催のイベントに積極的に参加する事によって、これからも地元の繁栄に貢献し、自分たちが生まれ育った街をより良くしていきたいと私達は考えています。