今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
A.T君 営業グループ新造船チーム(今治)
これが私の仕事
図面段階から出港まで船舶建造のすべてに関わる
私は、営業グループの業務のうち建造船業務を担当しています。一般的に営業というと、皆さんは外回りして、商品を売り込みに行って、契約を取るというイメージを持っていると思いますが、もちろん造船所の営業には、このように実際船の契約を取ってくる新造船営業もありますが、もう一つ建造船営業という業務があり、私はこちらの担当であります。業務内容としては、船の建造契約締結後、建造船の図面段階から、実際の建造作業、本船受渡までの期間、船主殿と造船所の現場・設計の間に入り、作業が円滑に進むよう調整していくのが仕事です。要は、契約してからの業務となり、図面段階から受け渡しの完成段階まで船を円滑に建造できるように橋渡しをするのが私の仕事であります。予定どおり何事もなく工程が進んでいく事はまずありませんので、その都度臨機応変に対応しています。 
だからこの仕事が好き!一番嬉しかった事にまつわるエピソード
わかりやすい!
1隻の船を建造するために、図面の段階からであれば、数年の時間を要し、たくさんの人が関わってきます。その中でも、一貫して建造業務に関わることが出来、本船が完成していく過程を最も実感できるのは営業の部署だと思います。また、1隻の船が完成すると、受渡式というセレモニーが行われ、船主殿やその関係者、また当社の社員等で本船出港を見送りますが、無事、本船受渡までやり遂げた安心感と達成感を感じます。このように一つの仕事の達成したというわかりやすさが建造船業務の魅力ではないかと思います。また、船の乗組員や船主殿から派遣される建造監督など多数の外国の方と関わることができるのも、この仕事の面白味の一つかと思います。
ズバリ!私が今治造船を選んだ理由
スケールの大きなモノづくりに関わることができる
モノを作って売る、という簡潔さから製造業に絞って就職活動をしていました。その中でも、スケールの大きさから造船業に興味を持ち、今治造船の採用試験を受験しました。また、入社してから分かった事なので選んだ理由とはなりませんが、会社全体の親しみやすい雰囲気や格安の寮費や食費も魅力ではないかと思います。
この仕事のポイント
職種系統
営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身
生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル
ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事で関わる人
海外の人と接することが多い仕事
仕事で身に付くもの
臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格
段取り上手な人向きの仕事
 
先輩からの就職活動アドバイス
就職説明会や面接で会った社員のイメージで就職先を決めている人が多いような感がします。実際には、その人と同じ部署で働くとは限りませんのでこの選定の仕方はどうかと思います。それよりも、自分の興味のある業種・職種を決めて就職活動を行う方が、面接の際にも熱意をアピールしやすく良いのでないかと思います。        
 
一覧へ戻る
 
先輩社員の声
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD