今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
U.K君 工作グループ船体艤装チーム(今治)
これが私の仕事
船台建造船の艤装担当。艤装品の取付けから検査までを担当
主な仕事として艤装工事を行う業者への指示や取り付けた艤装品の検査を行っています。また、業者の作業の段取り、乗組員への機器類等の取扱い説明等も行います。 その中でも業者への指示内容は、大きく分けると2つあります。 1つ目は、工程に関する指示です。これに関しては、自分の指示で作業をする業者の方が円滑に作業を進められるよう、他チームの担当者と相談し工程の調整を行っています。 2つ目は、工事に関する指示です。これは取り付けた艤装品の調整や手直しの指示になるのですが、調整に関しては工事が止まらないように早く的確な指示を出すよう心がけています。 船体艤装チームの検査は、艤装品の操作をしその性能をみる検査がほとんどです。実際にデッキクレーンやライフボートの運転もします。
だからこの仕事が好き!一番嬉しかった事にまつわるエピソード
初担当船の出港!
現在でも担当した船が出港する時は、達成感があり嬉しいものです。中でも仕事を覚えたての頃は、建造中に教えられたことのみを必死にこなしていただけでした。そんな私の初担当船は、苦労も多かったですが、出港する船を見てこの大きな船を自分が担当したんだと実感し、その時の嬉しさは今でも覚えています。 また、担当者という立場上、艤装品の調整やチェックは行いますが、取付け作業は業者の方の仕事であり、艤装品もメーカーで完成してきたモノを取付けます。検査を行うのは私ですが、その検査を通して船を造るためには多くの人の力が必要です。仕事をすることで人間関係の大切さを改めて学びました。知識もなく、経験も浅い状態で仕事で関わる人達と円滑な関係を築くことには苦労します。それをカバーできるよう自分が努力していけば、自分のしたいような仕事ができるようになり、また違った嬉しさを得られると思います。
ズバリ!私が今治造船を選んだ理由
モノづくりができる地元の企業
地元今治には、大きな橋が架かっていたため、大きなスケールのモノづくりをしたかった高校時代の私は『大きなモノ=橋、道路』と単純に考え大学は、土木学科に進んでいました。就職活動を始めた時、自分のいる学科から今治造船へ就職をしている先輩方がいることを知り、地元に就職したかった私は、今治造船について情報を集めました。もともと今治造船という会社は知っていましたが、世界で活躍している会社という事までは知りませんでした。そのスケールの大きさと会社の安定性に魅力を感じ入社を決めました。
この仕事のポイント
職種系統
日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル
何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事で関わる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身に付くもの
人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格
大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事
 
先輩からの就職活動アドバイス
自分の希望にあった会社に出会うため、就職するために多くの情報を集めることが大切だと思います。今自分が学んでいることと職種を結びつけて考えるのではなく、広い視野で情報を集めてみてください。もし、今まで学んできたことと関係ない職に興味を持ったとしても就職するだけのやる気があれば、就職してからの努力で仕事は何とでもなると思います。
あと、就職活動は自分が選ばれる側です。上手く自分をアピールできるよう頑張ってください。
 
一覧へ戻る
 
先輩社員の声
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD