今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
O.S君 工作グループ 外業チーム(今治)
これが私の仕事
ブロックをつなぎ合わせて船の型を形成する仕事
私の仕事を大まかに説明すると、船の1つ1つのブロックをミリ単位の誤差なく設計通りにつなぎ合わせて船の形にする(船体を適宜の大きさに区分したブロックを工場内で造り,それを船台・ドック上に運んで組み立てる造船法)というものです。
決めらた工程に対して、つなぎ合せた各ブロックの内側・外板・気密・耐圧などの様々な検査を行い、搭載から進水を経て受渡しまでの船体の担当を行っています。 数百メートルある船体をミリ単位でつなぎ合せてチェックするのは、最初はかなり時間も神経も使っていましたが今はかなり慣れてきました。 とはいえ必ず現場では、様々なトラブルや不具合など発生します。その都度臨機応変な対応が求められ、他部署と連携を取りながら、作業をスムーズにこなせるよう各作業員に指示を出し、工程管理を行っています。
だからこの仕事が好き!一番嬉しかった事にまつわるエピソード
初めての担当船の進水式
入社して2年目に、初めて担当を任されたのは、船台で建造している約28,000tonのバルクキャリア―というバラ積み運搬船でした。まだ、右も左もわからない状態で、決められた工程で船を進水させなくてはならないというプレッシャーがあったり、大勢の協力業者へ指示を出し、検査をこなしていかなくてはならず、毎日が不安でいっぱいでありましたが、周りの方々の協力もあって進水出来る状態まで船を仕上げることが出来ました。 船台の進水は、船が滑走台をすべり降り、そのまま海へ浮かばせるという方法でありますが、私は乗船して進水式に臨みました。合図と共に船がすべり降り、無事浮いた瞬間、今までの苦労が報われたかのようでほんとに嬉しかったです。 このとき初めてこの仕事をしていて良かったと実感しました。
ズバリ!私が今治造船を選んだ理由
地元今治で世界に誇れる仕事に携わりたい
私は、昔からものづくりに携わる仕事をしたいと考えていました。その中でも出来れば地元の企業への就職を希望していました。 就職活動をするまでは、今治造船という名前だけを知っているくらいでありましたが、インターネットで調べたり、企業説明会に参加していくうちに、国内ではナンバーワン、世界でもトップクラスの船の建造量を誇る会社だと知り、是非今治造船の一員となって、地元に少しでも貢献出来たらと思い就職しました。
この仕事のポイント
職種系統
生産・製造技術開発
仕事の中身
イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル
何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事で関わる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身に付くもの
人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格
大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事
 
先輩からの就職活動アドバイス

就職活動は、今後の自分の人生を大きく左右する大きな分かれ目だと思います。
やりたいことがはっきりしている人も、そうでない人も出来るだけいろいろな企業説明会などに参加し、その中で自分にもっとも合っている会社選びをすることが大事だと思います。

 
一覧へ戻る
 
先輩社員の声
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD