今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
I.Y君 生産設計グループ船体情報チーム(今治)
これが私の仕事
生産用図面及びデータの作成
私の仕事は、建造する工場での今現在の建造設備能力を考慮し、生産現場(工場)でどの様にすればより効率的にかつ生産性の高い船造りを行えるかを検討し、それらを実現させる為に必要となる生産用図面(工作図面)とデータを作成していく仕事です。 具体的には、上流設計より出図されてくる船殻図を基に船を複数のブロック(船体を適当な大きさに区分したかたまり)に分割し、その分割したブロックに対して施工方法を考え、ブロック製作用図面(工作図)を作成していきます。そして、それらのブロックを実際、製作する為に必要となる一品部材毎の形状・加工データ及び作業用図面の作成までを行っています。 一言で言うと、物造りという作業を身をもって体感できる職場です。 最近では、3Dシステムの導入により、毎日が課題との戦いですが、その分やりがいのある仕事だと感じています。
だからこの仕事が好き!一番嬉しかった事にまつわるエピソード
生産現場へ直結する仕事だがら、実感出来る物造りの面白さ
私の所属している船体情報チームは、現場と直結する職場です。私達が図面を引き間違えるミスをすると次の工程である現場で、引き間違えたとおりに目に見える形で物が製作されてしまいます。極端な話をすると、作成した図面で一本線を引き間違えただけで、現場に多大な影響を与え、何百万、何千万という金額の損失を与える可能性もあり得るという事です。
その為、チーム一丸となって日々緊張感と責任を持って仕事に取り組んでいかなければなりませんが、その分、無事完成した船を見るときは、何事にも変えられない達成感を感じる事が出来ます。
ズバリ!私が今治造船を選んだ理由
他の企業には無いものが、今治造船にはある
大学では、生産システム工学を専攻していたので、ものづくりに関連する企業に就職したかったというのが一番の理由ですが、その中でも今治造船を選んだ理由は、先輩や知人から情報を集め、他の企業には無いものがあると思ったからです。 特徴的なのは、何でも気軽に話が出来る職場の雰囲気があるということ。仕事に関する内容は勿論ですが、関係ない話でも気軽に相談に乗ってくれる上司や先輩が沢山います。 これは、私が働く職場に限っていえる事だけではありません。日頃から別のセクションの方々とも仕事をする機会がありますが、どのセクションの方々も気さくに接してくれ、今治造船の伝統的な社風として浸透していると実感しています。 その為、他のセクションの方と飲みに行く機会も多く、良好な横の繋がりを気付くことができ、それが仕事の面でもプラスになっています。
この仕事のポイント
職種系統
生産・製造技術開発
仕事の中身
生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル
臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で関わる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身に付もの
新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格
段取り上手な人向きの仕事
 
先輩からの就職活動アドバイス
就職とは、企業という組織に属するという事であり、定年まで働けばその組織の中で今まで歩んできた人生の2倍近くの時間を過ごす事になります。他人の意見に左右されるのではなく、焦らず、自分に合う企業探しを行う事が大切です。
いくら自分のやりたい仕事でも、就職した企業自体が自分に合わないとなれば、それを続けて行く事は難しいと思います。
その為に、日頃から自己分析を繰り返し行い、企業の特徴をしっかり調査した上で、後悔しない自分に合った企業を探し出して下さい。学業との両立で大変だと思いますが、自身の人生で大きなターニングポイントとなる就職活動ですので投げやりな気持ちにならないよう頑張って下さい。
 
一覧へ戻る
 
先輩社員の声
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD