今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
T.S 生産設計グループ 船体情報チーム(丸亀)
これが私の仕事
部材の一品取り
半年間の現場研修を経て、現在は船体情報チームで仕事をしています。私の主な業務は、船になる部材のデータ作成です。
巨大な船になるには大小様々な部材を組み合わせなければいけません。その様々な部材を部材番号、組立方法等の書かれた図面を見ながらデータを作成しています。1枚の鉄板から部材をどのように作るかは私の作成したデータを基として行われますので、現場でトラブルが生じないように慎重な作業をする必要があります。もし間違いがあったときや現場からの要望などで早急な対応が必要となる場合など、どのようなケースにも即座に対応できるよう、今後も経験を積みたいと思います。
だからこの仕事が好き!一番嬉しかった事にまつわるエピソード
船の壮大さを味わえる!
入社するまで船の知識など全くなかった私ですが、先輩方から熱心に指導をしてもらい、少しずつですが、自分の仕事ができるようになりました。自分の作成したデータから船の部材が作られ、その部材の一つ一つが組み合わされて巨大な船が出来上がっている・・・と思うと、自分の仕事が船を造ることに直接結びついていると実感できます。このあたりが私の仕事のやりがいとなっています。また、全長200mを越える巨大な船がドックで毎日少しずつ建造されていく様子を見ていると他の業種ではあじわえない壮大さを味わうことができます。
ズバリ!私が今治造船を選んだ理由
先輩達も優しく、いい雰囲気で仕事が出来る!
私は地元の愛媛で就職を希望していました。就職活動をしていく内に今治造船は建造量日本一、世界においてもトップクラスであるということは知り興味を持ちました。最終的に入社の決め手となったのは企業説明会での雰囲気がよかったことです。
実際、入社してからも職場の雰囲気はとてもいいと思っています。若い人が多く、先輩たちにも気軽に相談できるいい職場だと思います。いい雰囲気で仕事ができるというのはとても大事なことだと思います。
この仕事のポイント
職種系統
生産・製造技術開発
仕事の中身
生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル
慎重さと正確さが問われる仕事
仕事で関わる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身に付もの
臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格
何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事
 
先輩からの就職活動アドバイス
就職活動をするにあたっては、皆さんそれぞれのこだわりがあると思います。例えば、こんな業界が良い、こういった職種につきたい、地域的にはこの辺りがいい・・・といったところです。全てを満足するのは難しいですが、自分が実現したいポイントの中でも一番こだわりたいと思うところが叶う様な仕事を、ぜひ見つけてくださいね。
 
一覧へ戻る
 
先輩社員の声
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD