今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
T.A艤装設計グループ艤装設計チーム(丸亀)
これが私の仕事
機関室内に装備する機器全般の配置。
機関室内にはエンジンを中心に、推進の要である軸やプロペラ、燃料を主機に送るためのポンプ、船内インフラに関わる発電機や造水機など多くの機器が存在しており、それぞれパイプでつながっています。
私の仕事は、主にこれらの機器をどこに置くか配置の決定、パイプをどうつないでいくかのシステム作成を行うことです。
オーナーの要望、現場の作業しやすさ、各種規則等考慮する点は多く、奥が深い仕事であり経験による知識が必要な場面が多いため、現在は通常業務をこなしながら先輩から指導を受けています。
他にも昨今の環境意識の高まりから新しい機器や従来の機器の改良型が多数開発されており、導入にあたっての検討も行っています。好奇心が強く新しいものが好きな人向きの仕事です。
だからこの仕事が好き!一番嬉しかった事にまつわるエピソード
「1人じゃなく、みんなで行う船造り」だと実感できること!
現在、丸亀工場で建造している95,000t積みの撒積貨物船の機関室にそれまで装備していなかった機器を装着することになり、私がその設置に関する設計を担当することになりました。過去の建造船では装備した実績のある機器だったのですが本船では実績がなく、悩みに悩んで何とか設計の段階では装備できるように図面を作ることが出来ました。
しかし、更に詳細な確認を取った結果、私の設計の通りに配置すると、機器の一部が周囲の配管と干渉してしまうことがわかったのです。そこで、現場の方や職場の方と相談しながら図面を作り直し、無事に設置できるよう仕上げることができました。
何か新しいことに挑む時、1人でやるのではなく皆で新しいテーマに挑むんだ、とその時に実感することが出来たと思います。
ズバリ!私が今治造船を選んだ理由
圧倒的なスケールのものづくり!
工学部のため、もともとものづくりに関わりたいと思っていました。ただ、同じような品物を大量生産するものには興味を持てず、他に面白そうな業界を探していたところ、そこで目を向けたのが造船業界でした。船は一隻一隻がオーダーメイドであり、まったく同じ船は存在しないこと。言い換えれば世界に一つしかないものを造れるというところが、造船業に興味を持ったポイントです。その中でも今治造船を選んだのは、工場見学で実際に船を見たときにそのスケールの大きさに圧倒されたからです。今治造船で作る船は大きいものになると全長300mを超えます。当然そのパーツも大きく、10m四方の鉄の塊が工場内を行き来する光景は一見の価値ありです。
この仕事のポイント
職種系統
機械・電機・電子機器設計
仕事のスタイル
臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で関わる人
企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身に付くもの
臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格
大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事
 
先輩からの就職活動アドバイス
就活時に想像していた業務とまったく別の部署に配属されることが多々あります。希望と違っていても意欲的に仕事をこなせるよう、愛着を持てる会社を選んでください。
そのために工場見学やOBの話を聞くなど、現場の雰囲気を把握できる機会は貴重です。積極的に活用してください。
 
一覧へ戻る
 
先輩社員の声
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD