今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
クラブ活動報告
今治造船では従業員の健康増進、良好な人間関係を目的に福利厚生の一環としてスポーツクラブの支援を行っています。現在、各事業所ではソフトボール、フットサル、バドミントンなどのスポーツクラブが各地域を中心に対外試合等活発に参加しています。このコーナーでは、そんな各事業所のスポーツクラブの紹介を通して、当社従業員のオフ・モードの姿を少しでも知って頂ければ幸いです。
本社・今治工場
今治造船ソフトボール部
■部員:22人 ■発足:約40年前 ■練習:昼休みは自主練習、大会1か月前から週2〜3回
■大会:4〜11月は月に2、3回試合リーグ戦、春季・秋季に市長杯トーナメント
今治造船ソフトボール部
部員は10代から50代と幅広く、世代交代の時期を迎えています。最近は若者の育成に力を注ぎ、将来に向けて経験を多く積ませようと、機会あるごとにリーグ戦に参加、レベルアップを図っています。リーグ戦の結果は愛媛新聞に1か月に1度掲載されています。
部の雰囲気は和気藹々としており、仕事面のコミュニケーションも取りやすいなど、環境は最高です。8年前の優勝以降、成績は今ひとつですが、
「チーム一丸となって再び躍進していく」がわれわれの目標です。応援宜しくお願いします。

ISTC(Imabari Shipbuilding Tennis Club)
■部員:26人 ■発足:以前から同好会として活動 ■練習:週2回 ■大会:今治テニス協会に登録、試合にも参加予定
ISTC
ISTCは、20代から50代まで、初心者から上級者までの26人で、テニスを通じ、健康や人間関係を豊かにすることを目的に活動しています。
会社の公認クラブとなり、去年は団体戦に参加し、個人では成績を残すことができました。 今治工場横の会社テニスコートで練習しており、人工芝コート3面にナイター設備完備と非常に快適です。
練習は、基礎練習から試合形式まで幅広くおこなっています。たくさんの試合があるので、各自レベルにあった試合に出ています。
現在、全体的なレベルアップをはかっており、まさに「これから」といったISTCです!

丸亀事業本部
スカイロケット(ソフトボール部)
■部員:23人 ■発足:1996年 ■練習:週1回 ■大会:月1回程度、市協会主催の大会に出場
スカイロケット
20〜30代を中心に構成。歴史は古く、多くのOBがおられます。その方々が現役の頃は、強豪としてその名をとどろかせていたそうですが・・・・・・。
個々のレベルは非常に高く、それを物語るかのように、春季大会では、好投・巧打・堅守が冴え渡り、好結果を生みました。一人ひとりの力を如何に連携させるのかが、今後の課題です。
imazoフットサル同好会
■部員:20人 ■発足:2008年ごろから ■練習:週2回 ■大会:丸亀市内の大会で2位
IMAZOフットサル同好会
imazoフットサル同好会は、20代、30代の初心者から上級者までが在籍しています。メンバーは工作部門、設計部門、事務部門に所属。
フットサルを通じて異なる部署間のコミュニケーションを深めています。フットサルは技術向上を図ることはもちろんですが、ストレスの発散にはもってこいのスポーツです。
過去の実績としては、丸亀市内の大会で2位になりました。隣の多度津町にある常石造船とは、定期的に練習試合を行い、交流を深めています。今年は同じ今治造船の西条フットサルチームとも試合をする予定です。
CLOVER(バドミントン部)
■部員:17人 ■発足:2005年6月から同好会として活動 ■練習:週1回 ■大会:県協会の登録者のみ年間10試合前後出場
CLOVER
クローバーは5年前、女性社員を中心に始めました。最初は女性だけでしたが、途中から”優秀”な男性社員も加わり、「目指せ!イケシオ」を目標に活動しています。
年に一回、クローバー杯という部員だけの大会を開催しており、日頃は和気藹々と練習しているメンバーも、この時は全員、本基でも盛り上がります。
まだ、本大会での実績は少ないですが、優勝できることを信じて、親睦をはかりながら地道なトレーニングを続けています。
西条工場
AGF(フットサル部)
■部員:20人 ■発足:2007年7月 ■練習:週2回 ■大会:毎月1回、大会に参加他、練習試合、協賛大会では3〜5位も
AGF
最初は運動不足の解消やメタボ対策、社員交流に、と軽い気持ちで始めました。次第に経験を積み、最近では入賞常連組になれるほどに成長しました。
メンバーは元某プロチームユース経験者から、ボールは初めて蹴ったという初心者まで幅広く在籍。それぞれのレベルに応じ、皆が楽しめるように様々なカテゴリーの大会、試合に参加しています。
 
このページのトップへ
 
先輩社員の声
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD