今村造船のモノづくり

船の心臓部を設計する

工学府 知能機械システム専攻

船はこんなに巨大なのに、一隻ごとに、何年も時間をかけて、手づくりで建造していくところが、自動車や家電にはない絶対的な魅力。そんな船の心臓部ともいえる機関室の設計を担当しています。主機と呼ばれるエンジンをはじめ、多種多様な機器やタンクを、安全性や信頼性はもちろん、材質や制御方法も考慮しながら配置していく…。無駄がなく、万一のトラブルも起こさないような完璧な機関室を設計するためにも、まだまだ勉強です。

2011年入社 LNG船開発プロジェクト
福岡県出身
設計小塚正幸