今治造船株式会社
ENGLISH

       
ニュース
 
 
最新鋭178,000m3型LNG船が西条工場で竣工
2018年03月30日

3月27日、当社西条工場にてスペイン船社Elcano社向け最新鋭178,000m3型LNG船「CASTILLO DE MERIDA」が
竣工いたしました。

本船は、全長296.9m、幅48.7m。新パナマ運河や多様化するLNGマーケットに対応する最新鋭のLNG船です。
カーゴコンテイメントシステム(CCS)にはGTT MarkVFlexを採用、No.1タンクにはMarkVFlexとしては世界初の
台形タンクを採用し容積効率を高め従来タンクに比べ約4,000m3大きいタンク容積を確保致しました。
主機関にはME-GIエンジン(天然ガスを燃料とした低速ディーゼル機関)を採用、高効率のFuel Gas Supply Systemと
組合せることで従来のスチームタービン船、電気推進船に比べ大幅な燃費改善を達成し、また再液化装置を備えることで
運航のフレキシビリティも確保致しました。

今後本船は、スペインガス公社Gas NaturalのSabine Passプロジェクトに投入され、Elcano社の運航の下、LNG輸送に
貢献していく予定となっております。

今治造船は引き続き、高品質で環境にも優しく、乗組員の方々にも高い評価を頂けるLNG船を目指して、これからも
丁寧な船造りに取り組んで参ります。

 
178,000m3型LNG船「CASTILLO DE MERIDA」
 
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD



















会社情報 今造の船 社会貢献活動 採用情報